まつげ美容で人気と言えばケアプロスト

まつ毛育毛も一日ひと塗りの手間いらず

育毛剤で調べていた時に見つけた情報ですが、まつ毛を育毛する薬というものもひそかにブームとなっているようです。その成分は、ビマトプロストというもので、元々は緑内障の薬。つまり、眼病の治療薬だったそうです。

そんなビマトプロストを一日一回、まつ毛の根本に塗ると、まつ毛が今まで以上に長くなり見栄えが良くなり、マスカラのノリが良くなったり、そもそもマスカラの必要がなくなるだけボリュームアップ出来る場合もあるようです。まつ毛エクステなんて、必要なくなるとも言われています。

この薬は、美容クリニックなどで購入する事も出来るそうですが、そういうクリニックも海外から仕入れているらしくその分高い。という事で個人輸入で購入されるケースが多いのだとか。そのビマトプロストが配合されているまつげ育毛剤では、ジェネリックのケアプロストがどうやら人気のようですが、他にも同様の成分を配合した色々なまつげ育毛剤があります。

医薬品名内容量1箱当たりの価格販売元
ラティッセ(ラティース)1本3ml+アプリケーター16,262円オオサカ堂
ラティッセ(ラティース)1本3ml+アプリケーター11,200円B&H
ルミガンソリューション1本3ml2,622円オオサカ堂
ルミガン1本3ml4,290円BESTケンコー
ケアプロスト1本3ml1,734円オオサカ堂
ケアプロスト1本3ml3,580円BESTケンコー

※価格は変動します。

ラティッセという製品は、正直高い気がしますが、ビマトプロストのまつ毛育毛剤として最初に作られたものらしく、そこにアプリケーターがセットで販売されているという事でこうした価格設定になっているそうです。

そのアプリケーターが無いタイプの製品がルミガンという事のようなのですが、中身は、基本的にどれも一緒で、ケアプロストがジェネリックになるそうです。その分、ルミガンよりケアプロストの方が安くなっています。やはり、全体的にオオサカ堂の方が価格が安くなっています。

これらで使用を考えるなら、価格的にお財布にも優しいルミガンかケアプロストとなりそうですが、どちらも、一日ひと塗りという使い方なので、中身が3ml程度でも結構長持ちするそうです。長ければ、3か月位使えるようなので、それを考えると、どちらでもお好きな方でという感じになるかもしれません。

メニュー