やっぱりVISAカードだなと勝手に実感

同じグレードのカードもVISAは難なく

以前、JAL-JCBのゴールドを申し込んで審査に落とされましたが、その理由を少しでも確認して次に生かそうと思い問い合わせしてみたら、審査基準に合わなかったで済むような内容を何行にも渡り長々と書かれたメールが届いた事が…。

その内容からすると、こういうメールには、しっかり長いメールを書けば誠意が伝わるというマニュアルがあるのかもしれません。
でも、その意図があからさますぎて…。

申し込んだ動機は、サポートが素晴らしいという事で絶賛のJCBだったからなのですが、この内容を見て今後利用する事は無いだろうと思ったのですが、すぐに、VISAの近しいグレードのカードを申し込みをしていたら、そちらは、無事に審査通過のようです。

というのも、まだ書類が届いていない段階なので、先走った判断は注意しなくてはならないかなと思ってはいるものの、以前は、封書が何の音沙汰も無しに届いただけだったのが、今回は、その封書も二週間以上経っても届いていない事。

その上、東京市外局番の電話が入り、住所と生年月日の確認内容だった上に書類を送るという事だったので、たぶん大丈夫だったのでしょう。

では、なぜ審査に通ったのかと言えば、やはり、それだけ継続して使用してきたからという事に限ると思います。VISAカードは、最初に保持していたオリコカードも合わせると、おそらく5年以上は使っているので、その辺りは十分に加味されていると思います。

なぜなら、ゴールドカードの申し込みに合わせて少し情報を探していた時に、「カードを沢山使っていたらグレードアップの案内が勝手に来た」という内容が割と多かったからです。結局、どこも実績重視という事になりますね。

JCBは全く何も利用していない新規からの申し込みだったので、さすがに、ダメだったのだろうと思いますが、結局は、どれだけ貢献してきたかで判断されているとなると、それも含めてVISAを利用してきたのだから、今後も継続するのが無難そうです。

メニュー