感染症検査薬も気になるところ

HIV検査キットの価格や取り扱い場所

最近のニュースでは、エボラ出血熱という感染症が命に関わるものとして良く取り上げられていますが、アフリカから始まって世界的に大流行している感染症の中には、HIVなども有ります。こうした感染症は、決して遠い世界の出来事ではないと思わされる事が有るものですが、そうした事から、感染症をチェックする薬というのも需要が高まっているようです。

こうした検査薬なら、日本の保健所などでも中には、無料で行えるものも有ります。それこそHIVなら、保健所での検査が可能なのでわざわざ買うまでしなくても良いかもしれませんが、もしもの事を考えると、自分がキャリアだという事実を受け止めるのが辛いが為に、敢えて受けないという人も居るらしく、そういう人が手始めにHIV検査キットを自分で購入して試してみる場合も増えているようです。

医薬品名内容量1箱当たりの価格販売元
エイズ(HIV)自宅検査キット1セット1回分1,459円オオサカ堂
エイズ検査キット1回のみ使用可能の使い捨てタイプ3,498円BESTケンコー
HIV検査キット(オーラクイック)1回分8,900円B&H

※価格は変動します。

エイズ(HIV)検査キットも各社から出ていたのですが、B&Hから販売されている製品は、FDA(米国食品医薬品局)が公認している製品なので、検査制度が他の検査薬などより高い事から価格的にも高いようです。エイズ検査キットは、それぞれでメーカーが異なるので価格を比べる事はできないですが、やはり、正確性を考えるなら多少高いのもやむを得ないのかもしれません。

メニュー