育毛系ならフィナステリド製剤

プロペシアやジェネリックの価格と販売元

男性型脱毛症をAGAと言いますが、今は、若い世代でもそういう人が増えているようです。そんなAGAの治療薬として、定番人気なのがプロペシア。フィナステリドが脱毛の原因となるホルモンの生産を抑えて脱毛予防をしてくれます。

でも、若干高いのがネック。しかも、抜け毛を抑えたい限りは使用を続けなくてはならない。お金続かない。そういう場合は、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアやエフペシアなども人気で、お金の心配があるなら、そちらへ切り替えるが定番の方法となっているようです。

医薬品名内容量1箱当たりの価格販売元
プロペシア(アメリカ版)1mg1箱(28錠)4,864円オオサカ堂
プロペシア1mg1箱(28錠)9,880円BESTケンコー
フィンペシア1mg1箱(100錠)2,728円オオサカ堂
フィンペシア1mg1箱(100錠)4,480円BESTケンコー
エフペシア1mg1箱(100錠)2,728円オオサカ堂
エフペシア1mg2箱パック1箱(100錠)5,180円BESTケンコー

※価格は変動します。

正規品のプロペシア、それから、ジェネリックで価格を比べてみると、全体的にオオサカ堂の取り扱い製品の方が安い印象が有ります。エフペシアに関しては、BESTケンコーの方が安いようです。しかも、箱で比べても安い上に、ジェネリックは、およそ4倍(100錠)入ってます。

1錠単価で比べると益々安さが際立つという感じが有りますが、この安さを選ぶのか、それとも正規品にこだわるのか。この辺で選ぶ薬が変わってくるかもしれません。また、フィンペシアは、以前までは、キノリンイエローというコーティング剤が使用されていましたが、再びキノリンイエローフリー(使用されていない)のものが取り扱われているようです。

メニュー