個人輸入でなぜ処方薬が買えるの?

そもそも個人輸入とは?どうして処方薬でも買えるの?

個人輸入というのは、海外で売られている製品を日本に居ながら注文して入手する方法ですが、今では、日本国内で通販を利用するばかりではなく、個人輸入によって優れた海外の製品を購入したり、または、日本で買うより安く購入できる利点を活用するケースが増えています。医薬品の場合は、安く買えるという利点と国内では処方箋薬なので、医師の診察を受けた後じゃないと出してもらえない薬も個人輸入なら、自分ひとりで注文が可能です。

簡単に考えるとそいう事なのだと思います。
もちろん処方箋が必要という事は、それだけ取扱いに注意しなくてはならないし、用法用量を守って使用する必要が有ります。また、副作用などを起こした時にもすぐに相談できる医者が居ないというのは危険が伴います。

でも、薬の中には、長年使用してきた経験から使用方法を熟知している場合も有り、それなのに病院へわざわざ行くというのが無駄に感じている人も少なくないものです。それに、中には、日本でまだ承認されていない薬も購入する事が出来るので、その辺もその薬を必要とする人にとって与えられた権利という感じでしょうか。

国内で承認されていない薬だから違法になるという事ではなく、薬事法によって、そうした薬も含めて個人輸入によって入手した場合は、本人は使用して良いと認められています。ただし、注文した本人が自己責任において使用し、譲渡や転売など、他人に使わせてはいけないようです。

メニュー