買ったばかりの自転車が倒れた時のショック

混んでいる時間帯を避けるべきという教訓

通っているジムがいつも結構駐車場も混んでいるのですが、自宅から通うのもわりと近いので、車では行かないようにして自転車で行くようにしています。
その為に購入した自転車ですが、まだ、10回くらいしか使っていないし新品です。

値段も6万円前後と私の中ではそれなりにいい値段しているので、大事に使って行こうという気持ちでいました。

その自転車が同じように止めていた自転車が風であおられたタイミングで一緒に倒れ、ジムから出て来て戻ってくる頃には、見事に下敷きになっていました。
この時のショックと言ったら・・・。

別に、自転車なので、汚れたり傷がつくのは当たり前。
その傷が増えるほどに、ちょっと味が出て来ていいかなという気もしています。

でも、それはあくまでも自分で傷を付けた時の話。
ましてや、初めての傷なら尚更です。自分で付けたら、「まぁ仕方ないかな」と思えるのですが、それが、風のしわざと他の自転車によって付けられてしまった・・・。

その日は、何となく自転車のことが気になっていたのですが、まさに、そういう予感というのは、現実のものとなってショックを与えてくれるものです。
あまり変な心配はしないようにしたほうが良さそうですね。

とりあえず、自転車のグリップの片方のキャップになっている部分が貫通して、若干穴が開いた程度だったので、最悪、それを別のものにカスタマイズすれば済む話です。

それに、そこに置いたのは自分なので、そういう状況を想定できなかった自分の過失と思うことにするしかなさそうですね。駐輪場の場所を狭くて書いている場所が限られていたので、仕方なくともそこに停めた自分が悪いだけの事。

後は、ジムに通う時間帯を調整していて、普段よりも早めに行ったのが原因。
普段よりも駐輪場に自転車が沢山停まっていて、それも、結果的に自転車が倒れる要因の一つです。

早起きは三文の得なんて言いますが、早めにジムに行くのは、あまり得策ではないなというのを実感する良いきっかけとはなりましたが・・・。

仕事の都合上、日中でもジムに行くことが出来るので昼頃に行けるのはいいのですが、意外と混んでいることに驚きます。なぜ混んでいるのか。
それは、結構、ご老人が多いからです。

ご老人の一日のスケジュールは、日中の早めの時間帯にジムに行って軽く汗を流し、お風呂に入り、早めに家に帰ってゆっくり過ごしたり、夕食の準備を早めに行う。
こういうパターンが多いと思うので、それにドンピシャの時間帯というのが、昼の早め。

これは、ジム以外でも共通していることな気がしますが、午前中の病院が激混みするのも同じような理屈だと思います。というか、朝起きるのが早いことが多いので、十分余裕を持って準備していても、普通にそのくらいの時間帯に来ることができてしまうのでそうしているのだと思いますけど。

その時間帯にまんまとはまってしまった。
そして自転車が倒れた・・・。笑

お陰で、この時間帯は避けるべきというのがはっきりとしました。
もしも私と同じように、日中にジムに通えるスケジュールで時間帯を模索しているというのであれば、昼の早い時間帯は避けた方が良いかもしれません。

メニュー