今年の確定申告は郵送にする予定

電子証明書の有効期限が切れていたもので・・・

2月になれるとそろそろ確定申告をしようと考えている人も増えると思いますが、期限が3月15日までなので、2月の前半くらいから確定申告しておけば、十分余裕があります。それに、もし何か修正点が有った場合も余裕で対応できますからね。

ということで、私も確定申告したのですが、毎年確定申告を行うと何かしらトラブルが発生するというのは、誰しもよくあることなのではないでしょうか。
特に個人事業など、一人で行う場合。

今年もやっぱりそんな感じでした。

確定申告は毎年e-taxで行っているのですが、入力自体は、ほぼ滞りなく済ませることができました。今年はやけにスムーズだなと思っていたんですが、これも、何年か続けてやってきたから対応力がついたのかなと思っていました。自惚れですね。

そんな感じて、一通り申告する書類の記入が終わり、いよいよ送信になった時、e-Taxでは電子証明書が必要なので、住民基本台帳カードをセットしてカードの通信を行おうとしたら、エラーが起きてそこから先に進めません。

このエラーを修正為に2時間近く無駄な時間を使ってしまいました。
どうやら住民基本台帳カードの認識をする為に必要なソフトを入れていなかったことが原因だったんですが、その結論に至るまで、色々と必要のないことをしてしまいました。

でも、去年は大丈夫だったので何が違ったのかと思ったら、Windows10にアップグレードした後だったからかもしれません。
やっぱり今年もe-taxは、スムーズに終われませんでした。

そして、住基カードが無事に認識されるようになったんですが、なんと、電子証明書の照明期限が過ぎていました。何となくそんな気はして放置していただけに、「やっぱりか~」という感じだったんですが、これはe-taxでの電子申告ができません。

なので、まずは、役場に行って電子証明書の更新申請をしなければいけないようですが、これから行うと、住基カードがマイナンバーカードに切り替わるようですね。いわくつきのマイナンバーカードに・・・。

それをするのはまだちょっと早いかなと思ったんで、結局、e-taxでの電子申告は諦めて、郵送に切り替えることにしました。それなら住民基本台帳カードなども関係ありませんからね。電子証明書を持つ必要もありません。

e-taxでの確定申告をやり始めた当初は、確定申告はネットで完結するならそれが一番早いかなと思って始めたんですが、今となっては、住基カードも作らなければ良かったかななんて思ったりしてます。

まぁそんなこと言っても今更っていう感じなんでどうしようもありませんが、郵送で行う確定申告もプリンターさえあれば、難しい手順もなく行うことが出来るので、特に迷う事も無く終えられました。

ペーパーレスで確定申告を得ることができればそれが一番楽かもしれませんが、年に1回くらい行うだけだし、住基カードの更新なども面倒なので、そう考えると、こういうのもアナログ的なところを残しておいた方が結果的に良いのかなと思いました。

メニュー