時間と断捨離の為にバイクを手放す

今後の計画と時間活用の為に致し方なく

2年前に新車でオフロードバイクを購入しました。
250ccのバイクだったんですが、そのクラスではハイスペックのモデルだったのでそれなりの金額でした。それから、2シーズンそのバイクを楽しむことができたんですが、春先のシーズンインと同時に買い取りに出しました。

というのも、これからの計画を考えた時にどうしても時間が必要となりバイクに乗っている暇が無いと判断し、乗れないままで手元に置いているのも忍びないなと思い、断捨離も兼ねて売りに出した感じです。

バイクに乗って、林道などを走っているのは面白いのですが、同時に、今の自分がそのような状況を楽しんでいて良いのかと思うことがあります。まだまだやりきれていないことが沢山あるので、そうしたことを一つ一つクリアしていく為には、やはり、あまり遊んでもいられないなというのが本音です。

以前は、如何にして遊ぶ時間を確保することが人生の醍醐味であるかと思っていたんですが、今後の事を考えると、そうした遊びの時間をうまく活用していく事の必要性を感じているのかもしれません。そこで、とっかかりとしてバイクを手放してみることにしました。

また、人というのは、年齢を重ねて所有するお金が増えてくると、更にそのお金を活用して身の回りに物を増やそうとするものです。特に、自己満足に繋がるもの。自分を満たしてくれる趣味を形として身の回りに置きたくなります。

ですが、それを繰り返していると、次第に、趣味に割く時間が増え、結局趣味ばかりの人生ともなり兼ねません。
それも、それぞれの人が持つ人生の価値観によって変わってくるとは思いますが、そうして者が増えていくことに疑問を感じることがあります。

時間という自由と創造性に優れ、活用の仕方によっては、様々な可能性を増やしてくれるかもしれないものを趣味という一つの形に限定することは、時間を大きく制限してしまうかもしれないのです。そうしたことを考えた上なので、前向きな行動だったかなと思えています。

ですが、一般的には私の考えていることが理解されないかもしれないでしょう。最も身近な家族ですらそうした私の行動を「お金が無いから、バイクを手放したのではないか?」と思われていた程です。そのように思われるのは一向に構いませんが、同時に、もっと思慮深く考える必要性を他人を通じて実感したことでもあります。

時間の必要性や身の回りに物を増やしすぎないことの必要性を経験を通じて理解していれば、自ずと、定期的な断捨離の機会がやってきます。しかし、何でも価値あるものは身の回りに増やしていった方がより豊かな人生になるという価値感でしか物事を判断できないと、次第に、身の回りに物が増えて身動きが取れなくなってしまうのです。

今後の人生の計画を何となくでも考え、その上で今何が足りないのか。その足りないものを補う為に何を犠牲にしなければいけないのか。そう考えると、大半の場合は、時間となりますが、その時間を確保する為に、如何に自分の制限していくのか。こういうのは、これからも続く課題かなと思ってます。

因みに、バイクは新車購入時の半額でしか売れませんでした・・・。
ちょっとショックだっただけど、自分で売り手を探すのも時間がかかるし、その分、これから新しい時間の使い方へ活用を広げる事を考えれば、大した気にならない事だとも感じています。

メニュー